湘南の限定物件

ご登録メールアドレス:

パスワード:

パスワードを
忘れてしまった…

新規会員登録

由比ガ浜海岸|湘南の各海岸画像

由比ガ浜海岸

  • 由比ガ浜海岸01
  • 由比ガ浜海岸02
  • 由比ガ浜海岸03
  • 由比ガ浜海岸04
  • 由比ガ浜海岸05

由比ヶ浜(ゆいがはま)は、現在の神奈川県鎌倉市南部の相模湾に面した海岸の名称。海水浴場として有名。

現在は湘南の海として知られ、毎年夏になると多くのサーファーが集まっている。

鎌倉時代、御家人同士の紛争の舞台であり、
現在でも工事で当時の人骨が出土することがある。
源義経の妻妾静御前が、源頼朝配下に捕われて鎌倉に送られた後に義経の男子を出生するが、
これを知った頼朝は激怒してその子を由比ヶ浜に沈めたと伝えられている。
また、有力御家人和田義盛もここで戦死したと伝えられる(和田合戦)。
鎌倉時代末期には、源氏の血を引く新田義貞がこの地にて鎌倉幕府軍を撃破し、幕府滅亡を実現した。

戦前頃までは、鎌倉初期から極楽寺に住んで支配した由井氏に因んでか、
「由井ヶ浜」とも表記したが、「ゆい」には「共同作業」という意味もあり、定説ではない。

なお、地元の人は「ゆいがはま」と「ゆ」にアクセントを付けて読む。

ウィキペディアから抜粋